カートをみる 会員ページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
年末年始の出荷案内(詳細は左下案内欄を)

0120-880-853(年中無休)10〜23時まで
                   

走行面のサイズ

走行面(ベルト)は、使用目的によりますが大きいほど安定感・安心感があります。
ルームランナーはベルトの上を歩いたり走ったりしますので、上から足元を見た時に走行面が狭い
不安が生じます。

ウォーキングの場合

幅30cm×長さ100cmで大丈夫ですが、多少の窮屈感はあります。

ジョギング・ランニングの場合

幅40cm×長さ120cmは欲しいところです。

ベルトサイズが大きくなるとルームランナー本体も大きくなります。

走行面(ベルトサイズ)で、もっとも大事なことはベルト幅です。

適切な広さの走行面は安全な使用範囲を提供します。
幅が狭いベルトは、運動中にサイドレールやモーターカバーに足が接触する可能性もあり危険です。

ご使用の際は、必ず運動靴を履いてください。

裸足や靴下でのご使用はかかと、膝、足首に負担がかかることがあります。
運動靴を履かれることで体への負担を軽減できます。
モーターカバーやサイドレールに足が接触しても怪我から守ります。

使いはじめに黒又は白い粉が出ることがありますが、これは新しいベルトのギザギザ(滑り止め加工)と
運動靴のゴムの摩擦により出る粉です。
 

衝撃吸収クッション 
* 走行板の下にゴムを装着し衝撃を緩和するシステム
* 踏込み時の衝撃を、車のサスペンションと同じように緩和します。

ページトップへ